夜は短し歩けよ乙女

0917-1.jpg

 森見登美彦さんの小説を初めて読んだ。ファンタジー小説という言葉がぴったりの小説だった。まるでテレビゲームの世界のようで、お姫様が歩き回っていて、プレーヤーがお姫様を捜して、迷路の中をぐるぐると歩き回る、そんな小説と言ったら良いのではないだろうか。そして、ゲームのように惹き付けるものがあり、ぐいぐいと目まぐるしく展開する物語の中へ、引き込まれて行く。本のストックが少なくなったら、他の小説も読んでみたいと思う。
(114冊目/2009年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください