雨の日には雨の中を風の日には風の中を

0919-1.jpg

 たまたま角川文庫の新刊が平積みされていて、目をひいたので、買って読んでみた。書家であり、詩人である相田みつをさんの本を読むのは、初めてのことである。本を読むのは初めてなのだけど、あちこちで書や詩は目にしている。短い言葉で綴られている詩が多いけれど、当たり前のような言葉が、当たり前でなくなった今だから、はっと気付くものがあるのかも知れない。
(116冊目/2009年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください