十頁だけ読んでごらんなさい。・・・

1116-1.jpg

 この本を手に取って買った理由は、帯にある『「相手の心を動かす」文章とは』という言葉と、遠藤周作さんが書いた文章だったからです。実は最近になって、文章力に関する本を立て続けに買っているのですが、この本もそのうちの1冊と言うわけです。ブログを通じて文章を書くからには、少しは上達したいと思う気持ちがあるからです。それで、この本の大半を占めるのは、ラブレターの書き方に関する部分です。確かに相手の心を動かしたいと思う身近なテーマは恋愛かも知れません。そういう意味では、文章の書き方に関して、ラブレターをテーマとするのは、とても良いことではないかと思います。楽しく読めた良い本でした。
(146冊目/2009年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください