薄闇シルエット

1120-5.jpg

 文字がぎっしり詰まっている本だからでしょうか、なかなか読み進めることができず、読み終えるまでにかなりの時間を要しました。ひとことで言うと、本の帯にあるように、大人になれずに戸惑い彷徨う主人公ハナを描いた作品でした。主人公ハナを取り巻く人々は、それぞれに変わって行き、大人になって行こうとしているのに、ハナだけは取り残されて行く、そんな寂しささえ感じる話でした。最後には、これはこれでいいじゃないか、みたいな終わり方をしたのですが、要するに答えの無い答えを探すのが人生だ、みたいな納得感はありました。
(148冊目/2009年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください