風の歌を聴け

0509-2.jpg

 僕の場合お気に入りの作家については、出版されている本を全部読みたくなる。今そう思っている作家は、約10名くらい。村上春樹さんもそのうちの一人だけど、ごく最近『ノルウェイの森』を読んでそう思った。出版されている本を全部読んでみたいと思うと、ほとんどの場合にデビュー作を読んでみる。
 『風の歌を聴け』は妙に軽い感じの作品だった。それでいてラストで独特の余韻を感じる。いろいろな出来事を淡々と捉えている主人公は、『ノルウェイの森』と共通するものがあると思う。今のところ、この淡々としたところが、僕としては魅力的に思えるところである。まだまだ村上春樹さんの本の読者としては初心者なので、これから少しずついろんな本を読んでいきたいと思っている。
 僕が『ノルウェイの森』を読み『風の歌を聴け』を読んだ理由は、『1Q84』が読みたかったからである。いきなり『1Q84』を読むよりも2、3冊読んだ上で読むかどうかを決めたかった。次の休日に『1Q84』のBOOK1からBOOK3までを買って来ようと思っている。
(24冊目/2010年度)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください