ときどき意味もなくずんずん歩く

0524-1.jpg

 この本はタイトルで買った。タイトルを一目見て、面白そうだと思った。ある日本屋さんで見て、このタイトルに惹かれ、気になっていた。気になった時に買わなかったことを後悔した。で、タイトルを覚えていたかと言うと、すっかり忘れていた。
 仕方がないので、見かけた本屋さんに行き、思い当たる場所を探したが、見つからなかった。仕方がないので、文庫売り場を全部見て歩いて、やっと再会できた。タイトルで買った本にしては、その程度だった。
 読んでみて、やっぱり面白いと思った。何故か知らないが、本当に面白い。僕もときどき意味もなくずんずん歩くから、でもない。実際この前の土曜日は、鎌倉駅からずんずん歩いて材木座海岸付近にある光明寺まで行き、折り返して北鎌倉駅までずんずん歩いて行った。そういう共通の趣味を持っているから、共感したわけでもない。
 この本の解説にも書かれていたが、どこが面白いのか表現できない面白さがあるらしい。『ときどき意味もなくずんずん歩く』だけでなく、『わたしの旅に何をする。』や『旅の理不尽 アジア悶絶編』など、文庫本になっているものも結構ある。本屋さんで出会うと、また意味もなく惹かれてしまいそうだ。
(29冊目/2010年度)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください