その場で決めたら早い

 だいたい物事というのは、やり始めたら早く片づく。やろうやろうと思いつつ、なかなか手をつけていないものが沢山ある。机の上の整理整頓もそのひとつだ。読み終えた本や本に挟まっていたアンケート葉書、今月の新刊みたいなリーフレットなど、机の上に散乱していた。早い時には1日か1日半で本を1冊読んでしまうから、読み終えた本を机の上に置きっぱなしだと、あっと言う間に散らかってしまう。

 仕方が無いので、時々机の上の物を片づける。片づけると言っても処分するわけでなく、本棚に平積みにして積み重ねておくだけだ。さすがに要らないリーフレットや栞などは捨ててしまうけれど、この段階で処分する物は僅かである。読み終えた本だけを考えても、机の上か本棚辺りでどんどん積み重なって行く。
 考えてみれば、机の上から片づける段階で、処分方法を決めれば良い。保管してもう一度読む本とそうでない本に仕分けしておけば、後で処分する時に時間がかからない。もっと言うと読み終えた時に決めるのが一番である。もう一度読むかどうかによって仕分けするのは、時間が経てば経つほど難しくなってくる。読み終えた時が一番判断が早いだろう。そうすれば机の上に積み重なって行かないということになる。
 何だか知らないけれど、机の上をざっと片づけながら、こんなことを思った。要するにその時々に片づけていさえすれば、いつも快適に過ごすことができるし、片づけに時間をかけずに済むのである。やっぱり断捨離の実行が必要なんだろう。今日か明日には少なくとも断捨離実行計画だけでも立てることにしたい。そして明後日頃からは少しずつ実行していくことにしたい。
 今日から仕事再開。と言っても連休の狭間なので、仕事自体は少ないだろう。休めたらいつでも休んで良し、と上司からは言われているので、明日は休めるようなら休むようにしようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください