ニーチェの言葉

投稿者: | 2010年6月17日

0617-1.jpg

 真っ黒い表紙の本が、本屋さんに平積みになっていたことがあって、とても気になった。とうとうある日その本を買ったのだけど、しばらく寝かしていた。
 ワクワクしながら、昨日からその本を捲り始めた。大切なものは後に取っておく、つまりラーメンに入っている大好きな煮卵を最後に取っておくようなものだ。
 僕自身の今の心境、読んでいる時の心境によって、心に響く言葉は違ったりするのかも知れない。年齢によってもそうだし、もしかすると季節によっても変わるのかも知れない。
 特に前半に気になる言葉が多かったような気がする。騒々しい通勤電車の中よりも、静かな朝にページを捲った方が、心に浸みるのかも知れない。暑い夏にどこかの避暑地へ出かけて、鳥のさえずりを聞きながら、ページを捲ってみるとまた違った言葉が印象に残るのかも知れない。
 一気に読み終えるのではなく、味わいながら少しずつ読んでいく、そして気になる部分には印を付けておく、そんな読み方が良いと思う1冊だった。
(42冊目/2010年度)…あと15冊

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください