ため込んだものを減らすこと

投稿者: | 2010年6月6日

0606-2.jpg

 いろんなものをため込んでしまった。「雑誌は買わない!」「本はしばらく買わない!」宣言をしたのは、そんな思いがあったからだ。買うことで満足してしまって、読まない雑誌をため込んでいる。読みたい気持ちがどんどん膨らんだ結果だけど、これから読む本が沢山たまった。ため込むことによって、読みたいという気持ちから読まなくてはという気持ちへ変わってしまう。そのことがストレスの元になる。
 ため込むと体に良くないものがある。体脂肪だったり、コレステロールだったり、尿酸だったりする。体の中で燃やしたり、消化してしまうか、排出してしまわないと体に悪影響を及ぼすものがある。過ぎたるは及ばざるがごとし、という感じ。
 写真は横浜へ引っ越してきた日に撮ったもの。引っ越してきてしばらくしてから体重が適度に落ちて、体脂肪率や血液検査結果も改善した。それから約1年経ったのだけれど、体重は元へ戻った。血液検査の結果はまだ届いていないけれど、きっと余分なものがたまっているだろう。そんなこともあり、今月から体重や体脂肪率を計って、記録することを再開した。
 仕事や何かで「やらないといけないこと」をため込んでしまうと、ストレスがたまってしまう。個人的に「やりたいこと」についてもため込むと良くない。Macのハードディスクがいっぱいになるまでいろんなファイルをため込むのも、Macにとってはあまり良くない。メーラーにたまった読まないメールは、本当に必要なメールを探しにくくする。
 ため込むことは良いことではない。お金を貯め込むのは良いことかも知れないけれど、やっぱり程良いくらいに貯まっているのが一番かも知れない。もちろん、そんなに貯まってはいないけれど。とにかく、必要以上のものをため込むのは、何だって良くないことなんだろうと思う。
 いっぺんにはできないし、大好きな筆記具やノート類は、今使わないものでも持っておきたい。それ以外のものは、体重と同じで適度なくらいに減らすのが、やっぱり一番なんだろうと思う。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください