気になる猫(9)

投稿者: | 2010年6月5日
 前回は4月25日の写真だったが、今回は5月22日に撮った写真。前回から約1か月後にやっとウィンクに出会えた。材木座の中華料理屋さん「薊」が無くなってしまったことも材木座から足が遠のいた理由のひとつかも知れない。時々ウィンクのことを思い出して、意識して材木座に出かけたい。5月22日は、ウィンクだけでなく、いろんな猫の写真を撮った。珍しくお寺の風景や花などの写真を撮らないで、ほとんど猫の写真ばかり撮った。猫の写真については、ホームページ「あれから」にこの前載せておいたから、是非ご覧いただきたい。

0605-3.jpg

 今回は縦長の写真を2枚載せておこう。それにしても、背中で語ることができる猫に出会ったのは、初めてのことだ。
 何となくいい感じに見える。いったいどこを眺めていて、いったい何を考えているのやら。正面に回ったら、いつものあの仏頂面で瞑想しているのかも知れない。居眠りしていたりしたら、爆笑ものだ。
 もう少しいろんなところにいてくれたなら、いろんな背景も入れた写真が撮れるだろう。もう少し活動的だったら、写真のバリエーションも増えるだろう。人慣れしていなかったら、写真を撮る前に逃げてしまうから、近寄っても動じないのは良いけれど、動きがないのでちょっと物足りない感じだ。
 これから季節は雨が多い梅雨に入っていくだろうが、雨の日はいったいどうしているんだろう。暑くなったら、たぶん日陰でゴロゴロしているに違いない。確か去年の夏は、そんな感じだった。どこかで涼んでいるのか、見あたらない日もあったように思う。冬場だとどうしているんだろう。猫は寒がりだろうから、どこかで暖を取っているんだろうか。
0605-4.jpg
 やっぱりウィンクは正面から見たところがいい感じだ。見方によれば、ちょっと不貞不貞しく見えるかも知れない。仏頂面に見えるかも知れない。そんなところが、お気に入りなのである。
 この写真はちょっと写りが良くないかも知れない。誰かにガンつけているかのようだ。何をにらみつけているのか。
 やっぱり真正面から見たところが一番なのかも知れないなと思うわけだけど、いろんな表情も撮っておきたかった。
 また近いうちに会いに行って、新しい写真を沢山撮って来ようと思っているけれど、多分少し間隔は空いてしまうだろう。
 これからは鎌倉も紫陽花の季節になる。紫陽花の季節だと材木座辺りよりも別なところを歩くことが多くなりそうだから。それに雨の日も多くなりそうだから、鎌倉を歩く機会も少なくなってしまうかも知れない。

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください