悪人(下)

投稿者: | 2010年10月15日

1015-2.jpg

 上巻を読むと一気に下巻を読み進めたくなる。かなり早いペースで読み終えた。それだけ面白い本だということだ。上巻を導入部とすると、下巻はクライマックスなのである。
 『悪人(下)』は実質的には1日半くらいで読み終えた感じ。昨日飲んで帰らなければ、帰りの電車の中であっと言う間に読み終えていただろう。僕にとっては、先へ先へと読みすすめたくなったり、車の中で集中して読める本が、面白い本である。この本は間違いなくそういう本だ。
 さて内容の方だけど、ラストが予想どおりだったことがやや物足りなさを感じた。でもよくよく考えてみると、犯人が誰かわからないような推理小説ではないし、どんでん返しを楽しむ本でもないのだから、そういう終わり方になってしまうだろうという納得感はあった。振り返ってみると、主人公といい他の登場人物といい、結構さびしい人が多かった気がする。中にはどうしようもない人も登場する。そんな中で悪人ってどの人物なんだろうという疑問を感じる部分もある。そういうことが作者が言いたかったことかも知れない。ストーリーを明かさずに感想を書くと、まあこんな感じである。
(133冊目/2010年)

↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください