モリー先生との火曜日

投稿者: | 2010年10月21日

1021-1.jpg人生とは何か、生きることとは、そして死ぬこととは何なのか、読みながらそんなことを考えていた。

モリー先生との火曜日』は、死を目前にした病床の恩師モリー先生の最後の授業を綴ったノンフィクション。著者が再会した恩師モリー先生は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)という不治の病に倒れており、著者は人生についての授業を受けることになる。

人間が逃れることのできない運命は、死である。どんな人間にも、必ずいつか死に直面することになる。いつもはそういうことを忘れてしまっているのだろうけど、やがていつかは必ずその時が訪れる。そのことを知りつつ、忘れたふりをしているのかも知れない。しかも、無意識のうちに。死と向き合ったとき、自分が最もやりたいことは何だろう、そんなことを考えてさせられる本だった。
(135冊目/2010年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください