酔って記憶をなくします

酔って記憶をなくします

酔って記憶をなくします 一言で「面白い」本。お酒を飲んでやらかしたいろんな人の失敗談の連続に、抱腹絶倒しそうな本。世の中には上には上がいるものだと、感心してしまった。でも、冷静に考えるとこの本に掲載されても他に引けを取らないエピソードがあるから、素直に笑えない部分がある。

そんなわけで、昨日も飲み会だったのだけど、早く帰って来られたから、それはこの本のおかげかも知れない。失敗はしてはいけない、そんな反面教師的な読み方もあるんじゃないかと思ったりする。

いやいや、やっぱり理屈抜きで面白いから、素直に笑うべきなのである。
(137冊目/2010年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください