自分を探しても見つからない

投稿者: | 2010年10月23日

1023-1.jpg「自分探しの旅」という言葉を耳にする。僕自身もそういう旅をしていると、思い込んでいた時期がある。自分らしい生き方を探すことを言うのだろうと思う。今でも求めている自分らしさだ。「自分探し」をして、果たして「自分」が見つかるだろうか。

何の本だったかもう忘れてしまったけれど、自分は探しても見つからないから、自分を作るということを考えた方が良い、みたいなことを読んだことがある。まったくそのとおりだと思った。いくら探しても見つかるとしたら、「今ここにいる自分」なのである。過去の自分は過ぎ去った幻のようなもの。今これからに求めるなら、「今ここにいる自分」をどうにかするしかない。

自分自身がなりたい自分を決めて、そんな自分になるのが良い。そうすれば、「今ここにいる自分」とは違った「自分」が見つかるだろう。「自分探し」をするということは、「今ここにいる自分」では満足できなくて、別な「自分」を求めているのだろう。「なりたい自分」を具体化して、そうなっていくしかない。

「誠実な人」になりたいという漠然としたものじゃ駄目である。「誠実な人」とはどんな人なのか、より具体化して行動にブレークダウンしなければ、実行できない。「嘘をつかないこと」そう決めたなら、実行できそうじゃないか。「他人との約束は必ず守る」そう決めたなら、今から実行すれば良いのだ。

今までの僕は、何となく漠然とした自分の姿を追い求めていた気がする。そうではなくて、具体的な行動にブレークダウンした自分を定めることによって、「なりたい自分」がより明確になっていく。そしたら、きっと、「自分探しの旅」は目的地に辿り着くのだろう。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください