冷え込んだ朝の散歩

投稿者: | 2011年12月10日

霜が降りている(2011年12月10日)

今朝はとても寒かった。空気は、キーンとしていた。澄み渡った晴天の空だった。

午前6時過ぎに散歩に出かけたら、真っ白な世界が広がっていた。雪でも降ったのかなと思えるような霜の世界が広がっていた。モノトーンの世界だ。

霜が降りた朝(2011年12月10日)

初雪でも降ったような朝だったけど、土があるところしか真っ白になっていなかったこと、昨夜は雨上がりだったので降っている筈は無かったこと、などで雪ではなくて霜なんだと思った。富士山が、いつもよりずっと近くに見えて、雪が増えていたのがとても綺麗だった。こんな富士山を見られるのも、ここに住むことになったおかげだと思う。

真っ白な富士山(2011年12月10日)

毎日毎日、富士山は変わる。だんだん、だんだん、真っ白な部分が増えている。今は真冬の富士山なんだろう。昨日までの雨が、富士山では雪だったに違いない。こんな景色を毎朝のように楽しめるのだから、とても良いところに住まいを見つけたと思っている。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください