春を探しに

ぺんぺん草

良いお天気になった日曜日、春を探しに散歩に出かけた。

どこにでもあるような雑草が咲かせた花の世界を、覗きに出かけた。マクロレンズを持って。

オオイヌノフグリ

カメラを持って散歩に出かけ、路傍に咲く小さな花を見つけては、写真を撮っていた頃もあった。

最近はそんな散歩もしていなかったけど、久しぶりにカメラを持って出てみた。

ホトケノザ

どの花もほんの小さな花で、気を付けて見ていないと見逃してしまいそうな花だ。

何処にでも咲いていて、ちょっと有難味も無いような花だ。

ヒメオドリコソウ

マクロレンズを通して見ると、何だか違った世界が見えるようだ。

小さな花かと思ったら、それがさらに小さな花の集まりだったりすることもある。

ハコベ

楽しみとはそういうところにあるんじゃないか、ほんのちょっとしたものを見つけられるかどうかに、かかっているのではないか、そう思うのだ。

立派な花も良いけれど、毎年春が近づいて来たら咲き始める、お馴染みの小さな雑草達が咲かせる花でも、ワクワクするような気持ちを感じることがある。

ツクシ

春本番は、すぐそこまで、来ている。もうじき、桜が咲き始める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください