酔っ払って本屋さんへ行くと、欲しい本が手に入る!

投稿者: | 2012年7月8日

刺身で一杯!

昨夜は久々に寿司屋で飲んで来ました。ぐるぐる回っていないけれど、1貫原則100円のお寿司屋さん「すし三崎丸」です。

基本は100円なんですが、大トロとかごく一部のネタの場合はもう少しかかります。結構、まずまず美味しい寿司屋さんだと思います。

で、その寿司屋さんでビールに続けて、日本酒の冷やを2合ばかり飲んで、上機嫌になってしまいました。ちなみに八海山でした。

7月7日に買った本

止せば良いのに、必ず酔っ払うと本屋さんに寄る癖があります。引き寄せられるのか、自ら飛び込むのか、結果は毎度同じです。

5冊買っちゃいました。『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』は、その時初めて出会いました。でも、村上ラヂオ2までちゃんと読んでますから、見つけたら買うのが当然みたいなもの。

旅屋おかえり』の原田マハさんは、読んだことが無いのですが、本屋で見かけるにつけ気になっていた作家さんです。最近原田マハさんで一番気になっているのは、直木賞候補になっている『楽園のカンヴァス』なのですが、本命にはすぐに手を出さない、ひねくれた性格が出てしまいました。

一瞬で自分を変える法』は、かなり前から単行本が並んでいるのを見て、相当気になっていた本でした。最近になって文庫本になり、再び気になっていたのですが、なぜか買っていなかった本です。酔った勢いが必要だったのは、「一瞬で変わってしまったらどうしよう」という不安があったからに違いありません。

ラブコメ今昔』も単行本が出た頃から、気にはなっていた本です。『ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑』は、読む本ではないですが、最近野鳥観察に再び目覚めて来たので、買うことになるのは当然と言えば当然です。

そんなわけで、酔った勢いと言っても、「こんな本読むわけない」みたいな本は買ってないのです。「読んでみたいけどどうしようか」と迷っていた本を買って読むには、酔っ払って本屋さんへ行くのが一番かも知れません。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください