9月に読みたい本

投稿者: | 2012年9月2日

月初めにいつも、読みたい本のリストアップをする。でも、月の終わりには、だいたい半分くらい読めていたら良い程度だ。途中で欲しくなったり、読みたくなったりする本を読んで、寄り道してしまうのだ。

だから、今月は少なめに10冊だけ選ぶことにした。月15冊読むとして、3分の1は寄り道ができる計算だ。

それと今月は、積読本になってしまった期間が長いものを、できるだけ選ぶことにした。

今月は、さてこの中から何冊読めるだろう。

  1. 『日本の七十二候を楽しむ』 白井明大
  2. 『図解折れない自信のつくり方』 青木仁志
  3. 『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』 河野英太郎
  4. 考えの整頓』 佐藤雅彦
  5. 『人生激場』 三浦しをん
  6. 『僕は、そして僕たちはどう生きるか』 梨木香歩
  7. 『流れ星が消えないうちに』 橋本紡
  8. 『萩を揺らす雨』 吉永南央
  9. 『きのうの家族』 三日月拓
  10. 『すべて真夜中の恋人たち』 川上未映子


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください