理想の一日

投稿者: | 2012年9月24日

やっと来た!秋晴れの空。

小川洋子さんの『カラーひよことコーヒー豆』の「理想の一日」を真似て僕の「理想の一日」について書いてみます。

環境的には、空が広いところ、写真よりももっと自然が豊かな場所が理想ですが、あまりにかけ離れた理想を書いても、実現性は乏しくなります。住んでいる場所とか、家とか、環境みたいなものは除外します。

朝は早起きが理想ですが、午前4時頃がベストです。今朝みたいに午前2時だとか、早過ぎてもいけません。歯を磨いたり、顔を洗ったり、身支度を整える時間が30分ほど取れるのが良いです。朝の飲み物は、暑い時はコップ1杯の水で良いですし、寒い時はお茶が良いです。その後、ゆったりとした気持ちで、1時間くらい本を読みます。

そして朝陽が昇る頃に、愛犬を連れて約30分くらい散歩に出掛けます。毎日散歩するのが良いですが、雨の日があっても仕方ないです。晴耕雨読じゃないですが、雨の日は本を読む時間が長くなるのです。

現実はサラリーマンなので、この後シャワーを浴びて、朝食を食べ、会社に出掛けるのです。出掛けてからは残業なしでも、午後8時前頃までは帰宅しません。「理想の一日」がテーマなので、敢えてライターのような自宅で仕事ができる立場になっている想定にします。

朝のうちに2時間か3時間くらい書く仕事をして、軽い朝食を食べます。朝食の後は、図書館に調べ物に出掛けます。出掛けたついでにお気に入りのレストランに立ち寄り、美味しいランチを食べます。

澄んだ秋の空の向こうに富士山が見えてます。

ランチから帰って来たら、ひたすら書くことに没頭します。

夕方になったら、愛犬と一緒に散歩に出掛けます。今日の晩ご飯は何にしようかと、考えながら歩きます。実際は奥さんが決めて、奥さんが作ってくれるわけですが、自分で作るのが理想です。

お風呂は散歩の後でサクッと入ります。晩ご飯はあっさりとしたおかずと、自家製の蕎麦なんかで、晩ご飯は軽く済ませます。ビールやお酒を飲むのは、週に3回程度に抑えます。

食事の後はゆったりと音楽でも聴くか、本を読むのが良いでしょう。テレビやインターネットは、想像してみるに理想とは言えない気がします。そんな落ち着いた夜を過ごして、午後10時には寝るのです。そうすると、朝4時に起きても、睡眠時間は6時間キープできます。

こういう「理想の一日」をベースにして、一歩現実に近づけたバージョンにしてみて、そのとおり過ごしてみるのも楽しいかも知れません。あるいはもっと理想的な一日にしてみるのも、楽しいでしょう。現実離れし過ぎている理想ではなく、頑張れば実現できそうな「理想の一日」を考えてみると、何をすれば良いのか、見えて来るような気がします。

皆さんの「理想の一日」はどんな一日なんでしょう。いろんな人の「理想の一日」を集めてみると、面白いかも知れません。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

理想の一日」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。

    理想の一日、楽しそうですね。
    私も考えてみることにします。
    今までダラダラと過ごしていた時間を見直せるかもしれません。
    ハードとソフトを考えてみます。

  2. 春風裕 投稿作成者

    さっそく、コメントありがとうございます。

    そうですね、ダラダラ過ごしていた時間を見直すこともできるかも知れませんね。
    ハードとソフトという分け方も、良いですね。

    いろんな「理想の一日」がつながると、沢山のヒントをもらえそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください