冬至 乃東生ず

今日は冬至です。

冬至と言えば柚子湯なんですが、我が家はきっと明日ではないかと、予想しています。

そして一年で一番夜が長い日なのです。愛犬ふぅちゃんとの朝の散歩も、最近ではすっかり闇の中なんですが、何とか続いています。

一昨日の朝の空

これは、一昨日の朝の東の空の写真なんですが、雲が多いお天気だと本当に真っ暗です。何とか遠くから太陽の光が届き始める時に、散歩が終わる感じでしょうか。

でも、今朝もがんばって行って来ます。ほんのちょっと約15分くらいの散歩ですが、続けることに意味がある、そんな気がします。

で、七十二候ですが、「乃東生ず」という難しい言葉になっています。乃東というのは、うつぼぐさのことのようで、冬の真っ盛りなのにうつぼぐさの芽が出てくる頃なんです。冬だからこそ、芽生える草のことにしたのか、真冬の寒さも春が近づいているということなんだなと思ったりします。

さて、今朝の空はどんな空なのか、楽しみです。あと約30分後に散歩に出掛けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください