6月に読んだ本

投稿者: | 2013年7月1日

6月は何よりも、転職したばかりで、環境ががらっと変わった月でした。新しい環境に慣れることに集中していたこともあり、読書の方は雑誌を含めて6冊と、ペースとしては近年最低かも知れません。

これまでは毎月何冊、どんな本を読もうかという予定を決めて、読書を続けていたのですが、その読み方を止めた月でした。本のストックの中から、その時々に読みたい本を取り出して、読んで行くという読み方は、7月以降も続けたいと思っています。多分自然と読むペースは上がって来るのではないかと思います。

6月からは雑誌も読んだ本として登録して行くことにしました。雑誌を買うだけではなくて気になった特集記事はきっちり読むことにしたいので、今後も続けて行きます。

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1123ページ
ナイス数:159ナイス

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)感想
最初の方は、状況を理解するのが難しかった気がします。多分このジャンルの本をあまり読まないからだと思います。中盤以降はとても面白く読めました。本の装丁とタイトルに惹かれて買った本ですが、たまにはハヤカワ文庫も良いなと思いました。
読了日:6月25日 著者:小川 一水
伝え方が9割伝え方が9割感想
「ノー」を「イエス」に変える7つの切り口や、強い言葉をつくる5つの技術、これがこの本のポイントです。目新しいと思ったことはあまり無かったのですが、言葉をこういう観点でとらえた本というのは、他にはあまり見かけないので、興味深く面白く読めた本です。
読了日:6月23日 著者:佐々木 圭一
日経おとなの OFF (オフ) 2013年 07月号 [雑誌]日経おとなの OFF (オフ) 2013年 07月号 [雑誌]感想
雑誌は買うことで安心して、ほとんど読めていないことが多いです。今回から特集記事をきっちり読んで、読んだ雑誌も読書メーターに記録しておくことにしました。ブログやSNSなどで、美しい日本語を綴ることができたらいいなと思い、読んでみました。いろいろな場面での日本語の使い方に関して、コンパクトにまとまっていて、とても参考になりました。
読了日:6月19日 著者:
キーメッセージのつくり方キーメッセージのつくり方感想
企業が人を動かし、商品を売るための言葉づくりというものに興味があり、買った本です。150を越える事例も紹介されている。理念、ミッション、ビジョン、バリュー、行動指針、実行計画という企業の共通の目的と価値観を規定する言葉のヒエラルキーについてまとめられている点も、とても参考になった。
読了日:6月13日 著者:高橋 宣行
次の会議までに読んでおくように! ~モダンミーティング7つの原則次の会議までに読んでおくように! ~モダンミーティング7つの原則感想
会議については、いろいろと自分なりの考えがあったけど、概ねこの本に書かれていることと共通しています。当たり前のような、とてもわかりやすいことを主張されているのですが、本としては少しわかりにくさを感じたのは、翻訳本だからでしょうか。内容的には大いに賛同できる本ですが、ストレートに伝わってこない気がしました。
読了日:6月5日 著者:アル・ピタンパリ
ブレない上司になるたった1つの習慣 (青春新書PLAYBOOKS)ブレない上司になるたった1つの習慣 (青春新書PLAYBOOKS)感想
成功し続ける上司の「9つの特徴」は、せっかち、ほめ上手、他人事を自分事にできる、世間や周りの人に感謝する、素直、大胆だが大雑把じゃない、心身の健康管理ができる、謙虚、未来を信じるというもの。さて、自分に当てはまるのは、何だろう。ほめるのは下手だし、素直じゃないところもあるし。書かれていることは、なるほどと思ったり、そうそうと思ったりすることばかりで、本当に実践してみたい1冊です。
読了日:6月3日 著者:小宮 一慶

読書メーター


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください