七夕の朝、夏空

投稿者: | 2013年7月7日

0707-1

今朝は梅雨明けに相応しい夏空が広がりました。湿気の多いこの頃の空気ですから、多少霞んでいましたが、富士山もはっきりと見えていました。頂上付近に笠をかぶっているかのような、雲がかかっていました。

0707-2

富士山にかかる笠雲には、いろいろな名前があるようですが、今日の雲は何と言う名前なのかはよくわかりません。

梅雨明けが伝えられた翌日に、こんなふうに富士山が見えるのも、何だか本当に梅雨が明けたんだと、実感できる証拠みたいな気がしてきます。

0707-3

この前、深夜から朝にかけて強い雨が降りました。

散歩道の途中にある遊水池の水位も上がり、干上がっていたところにも水が溜まっています。雨が降った後、バンを見かけなくなったので、どこかへ避難してしまったのかと思っていました。

そしたら今朝、いつものようにバンの親子を見つけることができたので、ちょっと嬉しい散歩でした。雛は日に日に大きくなって行っており、いつかは巣立つ時がやって来るのだと思います。

巣立つ日まで遊水池に居るのか、その前にどこかへ行ってしまうのか、ちょっと興味があるのです。

0707-4

雛の数は減ってしまったのかなと思っていたのですが、別の所に親子を見つけました。

水がたっぷりあるところなので、バンは水に浮かんでいました。バンが水鳥であることを思い出しました。写真に写っている雛は2羽ですが、3羽見つけました。

別のところでも3羽は居ました。分からないのは、2組の親子なのか、家族としてはひとつなのかということです。

いろんなことを考えながら、愛犬ふぅちゃんと一緒に約40分ほど、散歩しました。

 


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください