『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』岩田松雄

投稿者: | 2013年9月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』は、ザ・ボディショップやスターバックスの社長を務められた著者の経験による、リーダーシップ論に関する本です。

これまで読んだリーダーシップ関連の本と比べて違っていたのは、「俺について来い」的なカリスマ性みたいなものではなく、謙虚で人間的に優れているリーダーをより上のリーダーとして扱っている点でしょう。人間的に優れているから、部下がついていきたいリーダーなのです。どうやったら優れた人間性を得られるか、というのが本書の内容と言っても良いと思います。

本題から逸れるかも知れませんが、著者は本を読む時はカバーをしなくて、気になるところにはどんどんマーカーで印を付けていくそうです。僕の場合は、カバー必須ですし、マーカーではなく付箋紙を付けたりします。確かに何度も何度も読みたい本は、マーカーでも良いのかなと思いました。この本は、もう一度捲って、気になるフレーズをメモしておきたい、そんな本だったと思います。
(89冊目/2013年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください