『人生はワンチャンス!』水野敬也・長沼直樹

投稿者: | 2013年9月25日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こういう格言集みたいな本を、たまに読みたくなる。案外定期的に、読んでいるかも知れない。

人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法』は、表面に犬の写真があり、裏面は偉人のエピソードと3人の偉人の箴言が掲載されている。帯の説明を見ると、切り離すことができて、目に付くところに貼ったりできるようになっている。

僕の場合、何となく停滞しているなと感じる時や何かを見失ってしまったと感じている時に、こういう本を読みたくなる。偉人の言葉は、そういう時に道を教えてくれる。

気になった言葉について、3つほどあげてみよう。

「人は繰り返し行うことの集大成である。だから優秀さとは、行為ではなく、習慣なのだ。」(アリストテレス)
繰り返しが人生だと言って良いと思う。しかもかなり単調な繰り返しであって、繰り返しているうちに刺激を求めてしまう。でも、そんな退屈な繰り返しが積み重なって、人生となるのだろう。

「責任を持って行動することほど、判断力と意識を鋭くするものはない。」(エリザベス・キャディ・スタントン)
腹をくくった時にこそ、冷静な判断ができ、鋭く物事を見ることができるのだと思います。

「人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られるのです。」(アルベルト・アインシュタイン)

さて、僕はこういう本を読む時には、気になったページに付箋紙を付けることにしています。この本の付箋紙は、15枚貼り付けられています。ということは、約4分の1が気になったということになります。
(94冊目/2013年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください