8月に読みたい本

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

酷い時には60冊くらいたまっていた積読本ですが、いよいよ20冊くらいに減ってきました。今月いっぱいは新しい本を買うのを我慢して、積読本を一桁に持って行きたいと思っています。

読みたいと思った本を、読みたいと思った気持ちが冷めないまま読む、そういう状態を作りたいからです。

積読本一桁に向かって、今月読みたい本10冊をリストアップしてみました。

  1. 外資系コンサルの資料作成術』 森秀明
  2. 伝わる! 文章力が身につく本』 小笠原信之
  3. 女のいない男たち』 村上春樹
  4. 砂の王国(上)』 荻原浩
  5. 砂の王国(下)』 荻原浩
  6. 悪の教典〈上〉』 貴志祐介
  7. 悪の教典〈下〉』 貴志祐介
  8. 九つの、物語』 橋本紡
  9. 世界堂書店』 米澤穂信編
  10. 純平、考え直せ』 奥田英朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください