『悪の教典(下)』貴志祐介

投稿者: | 2014年8月15日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

悪の教典』下巻も上巻に引き続き、かなりのスピードで一気読みしてしまいました。内容的には好みの小説ではないのですが、一気に読ませる貴志祐介さんの才能なのでしょう。下巻後半は、ハラハラ、ドキドキを越えて、怖くなるほどの内容でしたが、先へ先へとページを捲る手が止まりません。ラストはほっとする内容でしたが、ちょっとした疲れさえ感じていました。

今月の読書は、スローペースだったんですが、この作品で一気にスピードアップした感じです。ちょうど月の半分に差し掛かって、まだ4冊しか読んでいないので、まだまだペースとしては遅い感じですが、この本の上下巻を読むペースはかなりのものでした。

作者の力量を感じる作品だったので、いずれ近いうちに他の作品も読んでみたいと思っています。
(71冊目/2014年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください