小出川で初めて出会ったセッカ

投稿者: | 2018年6月3日

セッカ。スズメ目セッカ科の鳥。留鳥。

鳴き声が特徴的だと思った。どこからともなく、「ヒッ ヒッ ヒッ ヒッ」と連続した甲高い声が聞こえてきた。言葉で表現するなら、「ヒッ」と「ピッ」の中間のような、ちょっと機械的な音に聞こえた。

鳴き声が変わり、「チャッ チャッ チャッ チャッ」とか「ジャッ ジャッ ジャッ ジャッ」みたいな声も出していた。

ネットで調べてみると、上昇する時と下降する時の鳴き声が変わるようだ。

セッカの鳴き声は聞こえていたのだけど、どこからするか最初は分からなかった。

声を追いかけていると、スズメより小さな鳥が止まるのが目に入った。カメラを向けて、写真を数枚撮った。

セッカと言う鳥の名前は、聞いたことがあったけれど、見るのも初めてだと思うし、写真を撮ったのは初めてのことだった。

とてもラッキーだったと思う。止まっていたのは、ほんの2、3分くらいで、その瞬間に気付いてなければ、写真は撮れなかったと思う。草に止まっても鳴いていたから、それが最初に聞いた聞き慣れない鳥の声の主だと分かった。

いろんな偶然が重なって、この写真が撮れたんだと思う。

いつもの散歩道で、たまたま初めて出会ったセッカ。

準絶滅危惧種に指定している都道府県が多い、数少ない野鳥のようだ。

次はいつ出会えるだろうか。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください