『ぼくたちは習慣で、できている。』佐々木典士

投稿者: | 2018年8月17日

この前、丸の内の丸善で買った本2冊のうちの1冊が、これ。佐々木典士さんの『ぼくたちは習慣で、できている。』である。佐々木典士さんの本は、『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –』を読んだけれど、あの本は2年半前に読んだ本だった。

ミニマリズムの本の次に習慣に関する本だとは、あまり想像できなかったので、全く初めて著者の本を読むのかなと思っていた。ミニマリストと習慣の関係を考えると、この本を読んだ後は、あり得るのかなと思えてきた。

この本に書かれていることで、僕が同感できたことを書き出すと、次のようになる。意識的に、これ以上ないくらい、コンパクトにまとめてみた。

誘惑に負けない意志力みたいなものは、生まれながらに持っているものだろうか。習慣とは、トリガーで作動するルーチンであり、報酬を求めて行われる。生まれながらに与えられている才能もあるかも知れないが、習慣による継続で成功している人たちがいる。こういう理論的な部分を語りつつ、習慣を身に付けるための50のステップという具体的な行動について書かれている。要するに、習慣によって人は形成されて行くという主張の本。
(51冊目/2018年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください