『内臓脂肪を最速で落とす』奥田昌子

投稿者: | 2018年10月3日

内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法』を、kindleで読んだ。kindleで時々やっているのだけど、幻冬舎の本が割引きになっていて、この本は240円だった。迷わずkindleで読むことにした。

興味深いのは、日本人が体質的に内臓脂肪が付き易いと言うことだ。欧米人の方が太っている人が多い気がするが、欧米人は皮下脂肪が付いているらしく、糖尿病になる人は少ないらしい。

内臓脂肪は、皮下脂肪とは違って、血圧を上げ、血糖値を上げ、動脈硬化を進行させ、脳梗塞や心筋梗塞を招く悪い物質を分泌するらしい。反対の効果がある良い物質も分泌するようだが、内臓脂肪が増えると悪い物質の合成が高まり、良い物質の合成は下がってしまうらしい。要するに、内臓脂肪を蓄えすぎると病気の元になってしまう。がんまで引き起こす元になっているらしいから、内臓脂肪は適度な状態に落とさないといけない。

内臓脂肪を落とすには、食事制限だけでは逆に健康を損なう恐れがあるため、運動をすることが大切らしい。確かに糖質制限のし過ぎは良くないと聞くし、体を維持できるための栄養は取らないと、逆効果だ。筋トレや有酸素運動で内臓脂肪を減らすことが必須らしい。夏の暑さも去り、過ごしやすくなってきたので、運動することを始めたい。

この本の構成は、第1章が内臓脂肪は何かということについて書かれており、第2章は内臓脂肪によって引き起こされる病気について、第3章以降が内臓脂肪を落とすためにどうすれば良いかについて書かれている。第3章は食事に関すること、第4章が生活習慣に関することである。
(63冊目/2018年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください