『もう一杯だけ飲んで帰ろう。』角田光代・河野丈洋

投稿者: | 2018年10月26日

角田光代さんはお酒好きだと思っていました。何かのエッセイで読んでいたことがあるからです。ご主人もお酒が好きなんだと、このエッセイを見つけて、そう思いました。何だか僕達夫婦と一緒だと思います。でも、僕達はそんなに飲みに行かなくなってしまいました。

それでも、『もう一杯だけ飲んで帰ろう。』に出て来る飲み屋さんみたいな、とても味があって、食べる物も美味しくて、お酒が美味しい店は理解できるのです。こんなお店があったら、毎週1回は通いたい、と思うような店が多かった。

一度は行ってみたいと思えるような店ばかりだったのですが、唯一残念なのは、僕の行動範囲外の場所にあるお店ばかりだったことだ。僕が通勤しているのは、東京23区内の東寄りに当たるところだけど、この本は都心でもやや西寄りにあるお店ばかりなのである。だから、この本に出て来るお店は、なかなか行けない地域にある店ばかりなのです。

うーん、でも一度は行ってみたいお店ばかりだ。
(68冊目/2018年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください