月別アーカイブ: 2018年11月

『やりたいことを全部やる!時間術』臼井由妃

投稿者: | 2018年11月21日

「引き算の発想」をキッパリと捨てて、「足し算の発想」に切り替える。 この本の始まりの、この考え方は、自分のこれまでの発想を言われているようで、少しドキッとした。「時間がないからできない」と思っていることが沢山ある。「時間… 続きを読む »

『これは水です』デヴィッド・フォスター・ウォレス

投稿者: | 2018年11月18日

アメリカの大学の卒業式でのスピーチと言うと、スティーブ・ジョブズのスピーチが有名だと思うが、色々な著名人がスピーチをしているようだ。 デヴィッド・フォスター・ウォレスは、アメリカの作家で、ポストモダン文学の旗手の一人とさ… 続きを読む »

『これ以上やさしく書けないプロジェクトマネジメントのトリセツ』西村克己

投稿者: | 2018年11月17日

プロジェクトマネジメントについて、基礎的な知識を確認しておきたいと思って、Amazonで探していたら、この『図解 これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ』がやさしそうだし、基本的なことが書かれている… 続きを読む »

『いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書』水野学

投稿者: | 2018年11月15日

まずまず面白かったと言うのが、ざっくりとした感想。 『いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書』は、そのタイトルにあるとおり、具体的な段取りの仕方についての教科書的な本が見当たらないので、読んでみようと思った。… 続きを読む »

『ソロー「森の生活」を漫画で読む』ジョン・ポーサリーノ

投稿者: | 2018年11月13日

ソローの『森の生活』については、読んだことがないけれど、そういう本があることを知ってはいた。いつか、読んでみたいと、漠然と思っていた本だ。 僕は時々お昼休みに、会社の近くの本屋さんへ散歩に出掛ける。先日たまたまこの本が並… 続きを読む »

このブログを本や読書のことに特化させます

投稿者: | 2018年11月10日

僕の本棚にある再読待ちの本です。今にもあふれ出しそうなくらいありますが、実はこれ以外の場所にも沢山あります。もう一度読んでおきたいと思った小説とか、気になるページに付箋を付けた手帳術やビジネス本などがあります。 このブロ… 続きを読む »

積読本が4冊増えて

投稿者: | 2018年11月9日

ルミネカード10%オフの日に、ルミネ橫浜店に行って本を買うのが、僕の恒例行事になっている。年に4回あり、1月と7月つまりバーゲンの月を除いた奇数月の中旬頃にある。 いつもだと10冊くらい買って、配送無料なので、宅配便で送… 続きを読む »

『おめでとう』川上弘美

投稿者: | 2018年11月6日

川上弘美さんと言うと、一番好きな小説は『センセイの鞄』だ。淡々とした文章の中にある、ちょっとした深みに、まんまと嵌まってしまった感じになる。物語の進行も淡々としているところが、更に心地良いと思った。それでいて、何とも言え… 続きを読む »

『最新トレンドから導く手帳テクニック100』舘神龍彦

投稿者: | 2018年11月5日

今年が始まる前、ちょうど去年の今頃、ふと思い付いた。「手帳術を極めてみたい」と。そのためには、いろんな手帳を使ってみなくてはいけない、そう思って沢山の手帳を買い、ことごとく挫折してしまった。かろうじて空白が多くても、細々… 続きを読む »

『今日の空の色』小川糸

投稿者: | 2018年11月1日

『今日の空の色』は、小川糸さんの日記エッセイ集7冊目に当たる。現在出版されている日記エッセイ集は9冊ある。果たして、僕は全部読んでいるのだろうか。 多分まだ3冊くらい読んでいない本がありそうだ。そのうち全部読破したいと思… 続きを読む »