『ソロー「森の生活」を漫画で読む』ジョン・ポーサリーノ

ソローの『森の生活』については、読んだことがないけれど、そういう本があることを知ってはいた。いつか、読んでみたいと、漠然と思っていた本だ。

僕は時々お昼休みに、会社の近くの本屋さんへ散歩に出掛ける。先日たまたまこの本が並んでいるのを見つけた。これなら、きっと、『森の生活』のエッセンスを短時間で読むことができるのではないか、と思った。

「○○を漫画で読む」という本は、沢山出ている。だいたいの本は、原作が難しいのでその内容を平易にして漫画にした本だと思う。でも、この『ソロー『森の生活』を漫画で読む』は、そういう本とはちょっと違っていた。漫画そのものがとても味わい深いのである。絵だけの場面が、ソローの言葉を補完している気がした。

前半の100ページくらいが漫画で、後半には『森の生活(抄)』というタイトルで抜粋が掲載されている。50ページくらいだったので、すぐに読めるかなと思っていたら、思っていたよりも3倍くらい時間がかかった。文章は難しくないが、書かれている内容が難解な部分があるのかも知れない。

いつか原作を読んでみたいが、時間がたっぷりあって、ゆったりできる数日間でゆっくり読んでみたいと思う。生活の場ではなく、ウォルデン湖のような静かで自然のある場所で読めたら最高かも知れない。いつか、そういう場所へ行き、読んでみたい。
(74冊目/2018年)

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください