『人生を大きく変える小さな行動習慣』S・J・スコット

投稿者: | 2018年12月7日

この本『Habit Stacking 人生を大きく変える小さな行動習慣』に出会ったのは、会社の近くの本屋さんでした。一目見て、この本は読みたいと思いました。僕と本との出会いは、だいたい中身を見ないで決まる場合が多いのです。

インスピレーションと言うと大袈裟なのですが、本を手に取って捲ってはみるものの、既にその時は読もうと決めていることが多いのです。

想像していた内容は、小さな行動習慣を積み重ねることの効能や習慣化するためのノウハウだったのですが、具体的な小さな行動習慣も書かれていたのは、意外でした。何を習慣化したいと思うかについては、人それぞれだと思います。そんな習慣を具体的に載せてしまうと、関係ないと思う読者も居るはずです。

でも、読んでみて、そうではないと思いました。この本に書かれている小さな行動習慣は、人の行動としては一般的なものだったのです。もちろん、書かれている全てを実行したいと思う人は居ないでしょう。でも、いくつかを選択して、始めてみたいと思う筈です。

具体的な「小さな行動」は123個あり、いくつかのジャンル分けがされています。「仕事」、「お金」、「健康」、「余暇」、「片づけ」、「人間関係」、「癒やし」の7つです。この中からいくつかを選び、例えば朝目を覚まして顔を洗うという決まった習慣をトリガーにして、始めれば良いのです。一つ一つは1分でできるような「小さな行動」です。それを習慣化して、更に一つ、また一つと追加して行くやり方です。これなら簡単にできそうだと思えるもので、既にやっていることもあったりします。

このところ、僕の中では「習慣」という言葉がキーワードになっていて、「習慣」に関連する本を何冊か読んでいました。『ぼくたちは習慣で、できている。』や『小さな習慣』、『自分を変える習慣力』、『人生を変える習慣のつくり方』、『習慣を変えれば人生が変わる』など。沢山読み過ぎた感じがします。そろそろ実践する時かなと思います。もちろん、既に実践していることもあるのですが。
(83冊目/2018年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください