『心がやすらぐ般若心経なぞり書きノート』大角修 監修・和田康子 書

投稿者: | 2019年1月5日
『心がやすらぐ般若心経なぞり書きノート』大角修 監修・和田康子 書

心がやすらぐ般若心経なぞり書きノート』を読んだと言うのか、書いたと言うのか、迷うところですが、まあそんなに厳密でなくても良いのではないでしょうか。と、いうことにしてみました。

本の帯にもあるとおり、1日1行の写経を続けます。見開きの右側に、1行の言葉に対する解説や意味、関連することなどが書かれています。左側が写経のページになっていて、5回書けるようになっています。そしてその日の出来事や気持ちを書き加える欄も用意されています。

僕の場合、10月下旬から毎日やっていて、11月末に終えました。今日まで読了としていなかったのは、最後の全文練習が終わっていなかったからです。さきほど、全文を書き終えたので、今日読み終えたことにしました。
毎日少しずつ読む本があっても良いかなと思います。
(2冊目/2019年)


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください