謹賀新年 本年もよろしくお願いいたします。

投稿者: | 2019年1月1日
味のカレンダー2019

「味の手帖」という月刊誌があって、「上質な食文化を追求する、食通のための月刊誌」なのだそうで、その月刊誌のことは全然知らなかったのですが、一昨年の暮れに丸善でこの「味のカレンダー」という日めくりを見つけて、すっかり気に入りました。
それを今年も使うことにして、新しい「味のカレンダー」に交換したので、写真を撮っておきました。それを新年最初の投稿に使ってみました。新年の始まりに相応しい写真じゃないかと思ったのです。
「味のカレンダー」はFacebookページ(@ajinocalendar)もあって、そこで日めくりを毎日公開しているので、買わなくても見られるわけですが、やはり実際に捲るのが良いし、イラストだけでなく毎日の短い文章も大きな楽しみなのです。

本題から外れた書き出しになってしまいましたが、このブログを読書や本に関することに特化したものに変えようと思っていたのですが、それがなかなかできていなくて、そればかりか更新まで途絶えていました。
更新が途絶えていたのは、書き損なって、読んだ本がたまってしまったという理由だけです。読んでから日にちが経つに従って、書きにくくなってしまい、追いつけなくなってしまいました。
本日になってやっと思い切って、たまっている分の記事を一気に書くことができました。書き始めることができたら、そんなに時間もかかりません。
書いていて、やっぱり読んですぐに書かないと、内容を忘れてしまっていて余計に時間と労力がかかることを、思い知りました。

僕が読んだ本を記録し始めたのは、2008年2月13日のことです。毎年100冊前後の本を読むようになったのが、この年でした。去年で11年経ったことになります。
2008年以降に読んだ本の数をリストにすると、以下のとおりです。

  • 2008年 150冊
  • 2009年 163冊
  • 2010年 168冊
  • 2011年 146冊
  • 2012年 154冊
  • 2013年 123冊
  • 2014年 106冊
  • 2015年 114冊
  • 2016年 101冊
  • 2017年 79冊
  • 2018年 89冊

別に読んだ冊数を自慢するわけではなく、最近じり貧になってきたということなのです。
そういうこともあって、新しい年は改めて数を目指す読書をしてみようかなと思っています。数じゃなくて中身だよと言っていたのですが、今年はそれを撤回して、数で勝負したいと思います。

そして読んだ本のことを記録するために、このブログを読書に特化させて、続けてみたいと思います。
参考になっているかどうかわからないこのブログですが、読んでくださる方のことを考えて意識しているのは、短くまとめることです。うまくいっているかどうかは別です。
そのことをもう少し形にできて、僕しか書けないブログになればいいなと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。


↑↓この記事良いなと思ってくださったらポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください